脱毛当日の注意点

脱毛当日の注意点:薬

方針イメージ

大概のサロンでは、薬を服用中の人に対して脇脱毛を断る場合が殆どです。サロンで主流となっている脇脱毛の方法は高温の光を照射して毛根を破壊する事であり、皮膚が熱を帯びるという事になるので少なからず何らかの影響が出てきます。

抗生物質を含む薬を服用していた場合は、肌が敏感な状態となっているので熱を発する光を照射すると過剰に反応する恐れがあります。それが原因で必ず火傷をするといったり、甚大な体調の悪化を招くという事はありませんが、体調や肌の状態が平常時とは違うという事を理解しておく必要があります。

もし脇脱毛の施術の当日に薬を飲んでしまった場合は正直にサロンに申告して日程を変更して貰ったり、キャンセルの手続きを行います。

施術を受けた場合には体調の経過を観察し、万が一体調に異変を感じたり肌にトラブルが発生したらすぐに病院で診察を受けるようにします。

その際に処方箋を持参していれば医師の判断の参考となりますのでおすすめです。ただ、全ての薬が不適合という訳ではなく、持病で服用していても脇脱毛を受ける事が可能な場合もあります。安全性を考慮して、サロンではなく医師が駐在しているクリニックで施術を受けるという方法も選択肢の一つとして必要です。 

脱毛当日の注意点:入浴

近年では多くのエステでキャンペーンを行っており、脇脱毛が非常に利用しやすくなっています。脇というのは、特に夏にはムダ毛処理が欠かせない部位である上、カミソリや毛抜きで処理すると毛穴が目立ってしまいやすいという問題もある為、安価に受けられる機会を利用して通い始める人も増えています。

現在のエステの脱毛機器は、肌に及ぶダメージも非常に少なく、安心して受けられるのが魅力ですが、それでも光を照射した後の肌というのは、通常時と比較すると敏感な状態となっています。

その為、脇脱毛の後は自宅でのアフターケアが重要で、サービスの行き届いたサロンではケア用のアイテムなども貰えるので、そういったところを利用するのもおすすめですが、それ以外にも注意しなければならないのが、入浴です。

現在では季節問わず毎日入浴するという人が多いですが、脇脱毛当日に湯船に浸かってしまうと、体温の上昇と血行の促進によって、敏感な状態の肌にトラブルが出てしまう恐れがあります。

よって、当日は基本的に入浴を控えることが大切ですが、汗や汚れが気になり、どうしても洗い落としたいという場合には、身体をこすって洗うことなく、ぬるめのシャワーで軽く流す程度に留めましょう。

脱毛当日の注意点:お酒

脇脱毛を行う当日はお酒を控えることが必要ですし、前日に飲んでしまって酔いがさめていたとしても体内にはまだアルコールが残ってしまっている可能性があります。

体内にアルコールが残っている状態で脇脱毛をしてしまうと肌の赤みが強く出てしまったり、人によってはかゆみなどが生じてしまう恐れもあります。

そのため、もし当日や前日にお酒を飲んでしまったという場合には速やかにスタッフに伝えることが必要ですし、体内にまだアルコールが残っていることによって脇脱毛の施術ができないと判断されてしまった場合には、事前に予約していてもキャンセルになってしまう可能性もあるので注意が必要です。

そして、当日や前日にお酒を飲んでしまって体内にアルコールが残っていると、いつもよりも肌が刺激などにも敏感になってしまっている場合があります。

そのため、脇脱毛の施術を行う際に肌への刺激やダメージを少なくするために、機械などの能力を下げなければいけない場合があります。しかし、能力などを下げてしまうと十分な脱毛の効果が得られない可能性があります。そのため、十分な脱毛の効果を得るためにも脇脱毛を行う前日や当日などはお酒を控えることが必要です。