トップページ

全身脱毛のリスクと対処法:かゆみ

ムダ毛が気になる女性は、ムダ毛の自己処理を頻繁におこなうので、肌荒れ色素沈着をおこし黒ずみになることがとても多いです。せっかく綺麗な肌にするためにおこなった、ムダ毛処理がかえって肌がボロボロになりみっともなくなってしまいます。

できれば、ムダ毛処理のわずらわしさから解放されるためにも脱毛サロンに通い、脱毛施術を受けた方がいいでしょう。最近は、どこの脱毛サロンやクリニックでも全身脱毛に力を入れているので、驚くほどのリーズナブルな価格で全身脱毛施術が行えます。

しかし、全身脱毛にはリスクもつきものなので、リスクが起きた時の対処法をしっかり知っておくことが大事です。全身脱毛のリスクですが、レーザー脱毛すると、乾燥肌や敏感肌、アトピー性皮膚炎の人は、かゆみの症状がでることがあります。

かゆみの症状がでたら、炎症した部分に薬を塗って抑えることができます。冷却するのも効果があるので、医師やスタッフと相談してください。カウンセリングの時に、敏感肌の人や、乾燥肌、アトピー性皮膚炎の人などは、肌質や肌の状態を調べてもらい脱毛施術を受けても大丈夫か確かめた方がいいでしょう。

医療クリニックなどでおこなう全身脱毛では、医師がいるので医師の診断に従って、肌トラブルの処理をすることが大事です。



全身脱毛のリスクと対処法:ヒリヒリ

光脱毛やレーザー脱毛による全身脱毛は、熱を利用して脱毛する方法です。肌に負担をかけない範囲で、しかし無駄毛に効果のあるパワーでの出力で照射するのが理想的です。施術者もそこは慎重に行っています。

しかし、なんらかの理由で火傷をしてしまうリスクはどうしても伴うものです。全身脱毛後に肌の一部にヒリヒリ感を感じることがあります。それを防ぐために、施術中に肌に異常を感じたらすぐに施術者に伝えることが大切です。施術直後、多くのサロンではクールダウンのために肌を冷やす処置を施してくれます。

その後でもヒリヒリ感を感じる部位があったら、すぐに施術者に伝えましょう。さらに冷やすなどの処置をしてもらえます。家に帰って数時間経ってから、または翌日などにヒリヒリ感を感じることもあります。こういった場合の対処法は、氷やアイスノン等でしっかりと冷やすことです。

そして、サロンに連絡をして指示をあおいでください。自分だけで対処せず、必ずサロンに連絡をすることが大切です。全身脱毛の施術をした数日後に肌の異変に気づく場合もあります。この時、すでにかさぶたになっているようだったら、特に対処する必要はありません。

しかし、サロンにはしっかりと肌に異常があったことを伝えましょう。冷やしただけでは症状が収まらない場合、多くのサロンには提携している皮膚科医があるので、そこで治療を受けることになります。軟膏などが処方されるケースが多いようです。

全身脱毛の火傷のリスクを避けるには、施術中に異常を感じたらすぐに施術者に伝えることが大切です。そして、後で異常に気づいたら、一人で抱え込まず必ずサロンに連絡しましょう。


全身脱毛のクーリングオフについて

いま、全身脱毛をサロンなどで契約される方が増えています。やはり美的意識が向上しているということも背景にありますし、それだけではなく、脱毛サロンやクリニックの数が増える事で競争が起こり、料金が安くなっているということも関係しているようです。

全身脱毛においては、ほかの部位だけの施術も同じなのですが、クーリングオフができます。最近は、無理な勧誘をするということがほとんどなくなっていますので、そういった意味での不安はあまりないと思いますが、それでもやはり途中でやめようと思った時には、クーリングオフができますので安心してください。

しかし、全身脱毛はとてもメリットが多いのでとてもおすすめなのです。やはり、1度施術を受けたことがある方は、フラッシュ脱毛ですとほとんど痛みもありませんし、仕上がりもとてもきれいになるということで、評判もとても良いのです。

また、完了後はお手入れがほとんど不要となるため、わずらわしさから解放されるということもありますので、肌のきれいさ、そして手軽さということを考えますと、利用する方が増えているのも納得です。今注目されている、ハイジニーナ脱毛に関しても、利用される方がとても増えています。